忍者ブログ
だらだらつれづれと。
自己責任の極み
いつぞや、ベッキーが浮気したやらしてないやらで
別にどうでも良いですが、何かひどいことを言ったみたいですね



離婚届のことを卒論と




卒論とは卒業論文の略
大学を卒業するに一般に必要とされているアレです。
大学によっては書く必要がないことがあります。
わたしの行っていた大学の学部では

研究室の先生によっては卒論書かなくても卒論書いた分だけの単位あげるよー!

って言う先生がいたので卒論を書かない自由はありましたけど。
別に必要単位さえあれば卒業できたので
卒論を書かない自由は普通にありましたけど。
(自由があったのにわたしは普通に書きましたというか発表したと言うか)


流石に離婚届のことを卒論と言うのは何か違うだろー
と言うか、論文じゃねえじゃん。
意味合いと言うかニュアンスは若干間違っていると言うか
いろんな意味で正しくないよーな気がする。

しばらく流行そうで怖いなぁとか思っていたりします。

仕事場の人がね、卒論と言う言葉を使ったのが許さないって
言っていたのを聞いてですね。
因みに書かない自由があったところ出身の方だったので
腹の中でその台詞を言うのはおかしいだろーとか思ってました。
(小保方さんのときは皿でも割れたのだろうかと勘繰りたくなるわ)

いや、だって自己責任ですから。
卒論で苦労すると言う選択肢を自分で選んだ人が
卒論云々で怒りを覚えるとか何かあほくさいなぁと思ってしまいまして(笑)。
(え?わたしですか?尺が足りなくてちょっと大変でしたけど)

個人的には離婚届のことを卒論とか言ういい方は
いろいろと違うよーな気がするので流行ってほしくない。
それにつきますね。

拍手[0回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
twitter

プロフィール

HN:
LYUKO
性別:
非公開
バーコード

P R

アクセスランキング